ほかのHitoを探す

Hito Data :日大生物資源学部の学生みんなのパーソナルデータ

Profile

180001398657c28c4204e26-4.jpg
学科名
  • 応用生物科学科
  • ニックネーム
    K.H
    出身地
    神奈川県

    Research

    • 180001398657c28c4204e26-4.jpg
    研究室名
    来年度以降に入ります
    研究対象
  • 未定
  • 研究テーマ
    特になし
    研究しようと
    思ったきっかけ
    特になし

    Personal

    高校時代に
    熱中したこと
    趣味
    好きなもの
    サイクリング
    好きなことば
    迷った時はね、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。どっちが楽しいかで決めなさい。

    Vision & Message

    卒業後の自分
    どんな職に就いているかはわかりません。理系大学を卒業したからと言っても研究職に就けるなんてことはありません。ですので、"日本大学を卒業した自分"だからこそできる職に就いていることが理想だと思っています。
    高校生へ
    応援メッセージ
    大学生活というのは社会人になるための最後の段階だと思います。つまりそれ相応の覚悟や意識を持って過ごしていかなければならないのです。ですが常に気を張った状態でいるのも辛いと思うのでONとOFFの切り替えも大切です。ONはやはり学業や就職活動などだと思いますね。そしてOFFは自分の趣味だと思います。もしもこれと言った趣味が思いつかないのであれば、大学生活の中で見つけるのも良いかもしれませんね。大学と高校とはまったく違います。授業形式も当たり前のように変わりますが、何よりも人によっては親のもとから離れて独り暮らしを始めたり、友人同士でシェアハウスをしてみたりするのではないのでしょうか。また、アルバイトも始めたり、サークルにも所属したりして多くの様々な人と接し合うのではないのでしょうか。このような生活の変化が、今まで考えもまた見向きもしなかったことに関して興味を湧かせることもあります。自分の場合は学科内の仲間たちのおかげで趣味の幅を広げることが出来ました。このように大学生活では人間関係に大きな変化があります。多くの人に聞いても大学生活で得た仲間とは社会人になっても関係が続いてる方が多いようです。皆さんは大学に何を求めて入学されるのでしょうか。初めに記したように社会に出るための最後の準備をするためでしょうか。そこで私から一言。大学生になったら人間関係でも趣味でも何でも構いませんから新たなことにチャレンジしてみて下さい。私はそのようなチャレンジからまた新たなセカイが見つかると信じているのです。大学に向けて勉強中の皆様。大変な思いをしていることでしょう。こんなに努力したのに報われる度合いが小さいなんて思うこともあるかもしれませんが、本気の努力は決して無駄ではありません。その努力の成果は表面からではわからないかもしれませんが絶対に身にはなっていますから。もしも努力するのが疲れたら、自分自身が大学でやりたいことなどを想像してみてください。私は入学してから今に至るまで大きな失敗や挫折はなく、友人関係や新しい発見などの楽しいことを多く経験してきました。おそらく、このようなことは自身の考え方で多くを経験することができるでしょう。私は日本大学生物資源科学部に入学したことに後悔はありません。大学での生活はとても楽しい部分が多く存在するところだと思います。ですからもう少しだけ無理をして努力してみて下さい。結果が出た直後では実感がないかもしれませんが、時間が経った後には"努力してよかった"と思えるときがあるはずですから。

    ほかの
    Hitoを探す